住宅ローン控除の対象金額と還付金の計算方法

住宅ローン控除という制度について

マイホームを建てる時にはほとんどの人が住宅ローンを利用すると思いますが、ローン控除の制度を理解しておく必要があります。払うべきところをきちんと払い、払わずに済むところは払わなくていいようにするためには、住宅ローン控除について理解しておくべきです。もしも、これから家を購入し、住宅ローンを利用したいという人がいた時は、支払い負担を緩和するための控除を使うべきでしょう。住宅ローン控除とは所得税を控除するものであり、対象となる金額はその年の住宅ローンの残高と、住宅の取得対価の低い方の1%があてはまります。所得税を全額控除してもまだ余剰があるという時は、住民税からも一部控除できるというシステムであり、支払う税金を安くできるというものなのです。とはいえ、年末の住宅ローン残高には金額の上限が定められていますし、入居した年を起点にして計算しなければなりません。どのタイミングで家を買ったかによって、控除される最大の金額は異なってくるので、この点は確認しておくようにしましょう。住宅ローンの控除については、平成26年までは最大200万円、平成26年以降は最大400万円と、控除額の条件が大きく変わってしまっています。平成26年を境に住宅ローンの控除額が大きく変わったのは、消費税率が変わったことが控除見直しのきっかけになっています。確定申告は自分で作成し、提出しなければいけないものですから、書類が作成できるくらいの知識を持っていなければなりません。確定申告が終わるまで煩雑だと感じる人もいるかもしれませんが、場合によっては住民税も安くなりますので、お得なこともあります。住宅ローンの控除は正しい手順で申請をすれば、所得税や、住民税から引かなければならない控除額を、きちんと適用することが可能です。

住宅ローン控除の対象金額と還付金の計算方法

住宅ローン控除はどのくらいの減税効果があるのか、これからマイホームを建てようと考えている人にとっては気になるところです。金額や、手続きのやり方について、住宅ローン控除に関する詳しい情報を持っている人は少ないようです。住宅ローン控除が適用されるのは、新しく家を購入した時や、増改築にのために、住宅ローンを組んだ人になります。住宅ローンを利用し始めてから10年〜15年間ずっと、所得税から控除額を差し引くことが可能になるというものです。また、還付金が存在すれば、税務署に必要書類を提出して申告することで、後日還付を受けることができます。還付とは収めた税金が戻ってくるということなので、知らないままで申告していなければ、損をしてしまうことになります。住宅ローン控除の金額は、年末の時点における住宅ローンの残高に一定の割合を乗じて計算されるようになっています。基準となる金額の、0.5%から1.0%が最終的な控除額になります。パーセンテージについては、住んでいる年によります。住宅ローンの控除は、上限金額が設定されています。どれだけ大きな金額を借り入れていたとしても、上限額以上にはなりません。仮に、上限額をオーバーする控除額が算出された場合でも、金額は上限金額までで頭打ちになることは覚えておきましょう。この減税措置による還付金は、源泉徴収された税額が控除可能な限度額を上回っていれば、その限度額が還付金となります。反対に下回っていれば、源泉徴収された所得税の税額が還付されるので、対象をなる人は住宅ローン控除の手続きをするようにしましょう。

住宅ローンにおける税金の控除について

家を買う時にはどうしても大きな買い物になるため住宅ローンがとても重要ですが、住宅ローン控除についても同様に知っておきたいことです。住宅ローンを組んだ場合に、税金が控除される制度が有ることはあまり知られていないものです。会社に勤めている人は、年末調整の手続きを会社がしているため、確定申告に馴染みがないことが、その理由です。これまでは、会社が年末調整という形でやってくれていた税金の調整を、確定申告までしなければいけないのが大変なところです。控除を受けるには一定の条件が必要になりますが、住宅ローンの支払額の一部が、所得から控除されることになっています。住宅ローン控除を利用するためには、ただ建物を建てればいいというわけではなく、自分が住むためのものであり、10年以上のローンでなければいけません。具体的な税の控除額についても、住宅ローンの金額に応じた部分によって異なっています。概ねその年に、住宅ローンを返済した金額の1%程度が、自分の所得の額から控除されます。けれども、住宅ローン控除を利用するためには、会社員の場合でも、税務署の確定申告の手続きをしなければいけないことになっています。税務署に確定申告に行く時には、確定申告用の用紙と一緒に、登記事項証明書や、不動産売買契約書のコピー、ローン残高を証明する書類を出さなければなりません。会社員の場合は、普段は会社が一括して手続きしているので、税務署に行った経験のある人はほとんどいないでしょう。住宅ローン控除のために、確定申告をしたいという時には、必要な書類だけを揃えて税務署に相談しにいくのもいい方法です。